父島旅行記 メモ


次回の旅行への改善点を書き留めておこうと思います(超・個人的ですが)


☆ 荷物を少なくする!

。。。多すぎ(><)

ダイビングバッグ、ゴロゴロ付カート、オレ様の山用どでかリュック、私のリュック、カメラバッグ(まぁ要るか)、
折りたたみケージ2つ(これは必要)

こんなに何を入れていったんだか。
オレ様は持ってった服の半分は着なかったって言ってたし、
洗濯機があるので、服は半分ですむはず。
オレ様のどでかリュックが余分。

船内ペットルームにはペットシーツがあるので、
船内用は持参不要。

ケージにかけておく布も、シーツや毛布の備え付けがあるので
これを使えば持参は不要。

カップめん、飲み物、スナックの類も
船内の自販機で買えるので 持ち込まなくても事足りる。

☆ できれば大村に泊まりたい

お宿自体に何の文句もないんだけど、
奥村⇔大村の徒歩15分程度が 意外にめんどうだった。

自炊のお宿だったので、何か食べに行くにも
繁華街の大村に行く事になるので、できれば大村泊まりだと楽。

(ワン連れお宿が取れるかは要調査)

☆ ワンコたち 船上でペットシーツでトイレできるように

25時間半、ファルは行きも帰りもおしっこがまん。トトは帰りに一回だけ。

本人達は支障ないかもしれないけど、こっちが気になる。

☆ 日焼け対策

上半身はラッシュガード着用で焼けなかったものの、
足は寝るときにも痛かった><
なにか下半身が日焼けしないように身につけるものがあるといいな。


今回は全日程6日で、あわただしかったので
次はもう少し長い日程で行けるといいんだけど。。

やりたいことたくさんあるもんね、釣りもしたいし、
南島へ行って、くじらも見て。。

ジローさんとこのカヤックは、ワンコも連れてきていいよ、って言ってくれたし、
他にもワンOKのオプショナルツアーあるかもしれないし。。

ゆったりしに行きたいのに、
こんなに詰め込んだら、また忙しくなりそうだ^o^;
by fal-toto | 2010-08-12 16:57 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(0)


さてさて、乗船は昨日の午後2時でした。

おが丸に乗るのも2回目ともなると、緊張感がぜんぜんありません(笑)
行きよりは揺れるような気もするけど、
酔い止めも飲んだし、夜も寝る薬を飲んで寝ちゃいました。

朝6時、寝ているオレ様を横目にペットルームからまずトトを連れ出します。

と~ちゃんも寝ぼけ気味??
d0079912_1047280.jpg

デッキへお散歩。 つねにペットシーツ持参なんだけど、
一回もおしっこしないんだけど><
d0079912_10461133.jpg

朝早いので まだ人が少ないデッキ。
空は一面にうろこ雲。
d0079912_10462530.jpg

風はすごく強い。リードもびよ~んとたわんでます。
d0079912_1046415.jpg

私が朝日を見ていると、トトも「何があるの?」とばかりに
立ち上がってのぞきます。*これはやらせではありません(笑)
d0079912_10472190.jpg

何時間かあとで オレ様が起きてきたので、
一度くらいは船内でファルトト2頭を
一緒に出そうと思って、写真を撮りました。
d0079912_10475143.jpg

2等室にある窓から海が見えます。まだまだ青くてきれい~。
d0079912_1048919.jpg

…本を読んだり海を見たりしているうちに時間が経ち、
(写真が少ない一番の要因は イチデジ主担当のオレ様が
帰り旅ではテンションが低くなって ほとんど撮ってなかったからです^m^)
もう大島、もう東京湾、もうアクアライン、、と
d0079912_10483226.jpg

風の塔も横に見ながら。。
d0079912_10484832.jpg

う~~ん、こうして見ると 東京湾内の水は茶色いなぁ。
d0079912_10491419.jpg

お台場も見えてきました。
d0079912_10492968.jpg

ということは、すぐに竹芝です。
接岸して 定刻の3時半に無事着きました。
d0079912_10494454.jpg

旅行に出る前に心配していた、トトが旅行中なにか迷惑をかけないように、というのも
問題なく最後まで過ごせて ほんとうに良かった。

まぁワンコたちがほんとうに楽しかったかは分かりませんが、
少なくとも 私たちと一緒に旅行できたのは 
預けられるより安心だった、ということにしておこう。
ファルトトも 長い船旅お疲れさまだったね!

**********************************************

行くときは 海がどんどん青くなっていくのが楽しいのですが、
帰りは 東京湾に入るとどんどん茶色になっていきます><

いつも東京湾だけ見ていると、そんなに感じないんですが、
やっぱり汚れているんですかねぇ。

自分も加担していると思うと 心痛い部分もありますが、
また きれいな青い海を見に行きたい!

帰ってしばらく、父島の海と空の広がる景色が脳裏を離れず
オレ様と 「父島ぼけだね」 と言い合ってます。

私は 焼けた足が赤から茶色になって、脱皮しておりますToT

ファルトトは体調をくずすこともなく、ファルなどは帰宅したその日に「あそぼ~」と
アピールしまくるくらい元気です。

おみやげで買ってきた ミニマンゴーとパッションフルーツ。
d0079912_16111860.jpg
d0079912_16112656.jpg

数日間、いい匂いを部屋中に放ってくれましたが、
マンゴーは全部おなかの中です。すごく甘かった!!

パッションフルーツはまだ酸っぱく、
アイスと島のラム酒で大人の味に、、^^
d0079912_16113680.jpg

あと残る2つのパッションフルーツの香りが 
父島の雰囲気を思い出させてくれていますemoticon-0157-sun.gif
by fal-toto | 2010-08-06 10:49 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(0)


早いもので、もう船に乗る日になりました。

今日はお宿をチェックアウトします。
本来なら10時がチェックアウトなんですが、
今日は すぐ後の予約がないということで
12時までお部屋を使っていてもいいと言ってもらいました^^

2時が出港なので 10時チェックアウトの後どうしよう?と言っていた私達。
チェックアウト後には ワンコの居場所もないしな~、
と 行動を決めかねていました。

ですので、とても助かりました。ありがたくお申し出をうけて、
早めにチェックアウトの手続きをしてから、
お昼まで部屋を使わせてもらうことにしました。

でも、まずはすぐ退室できるように
ファルトトをテラスに待たせて 部屋の片付けと掃除をします。
d0079912_1092770.jpg

今日も午前中だけカローラバンちゃんを借り、
まずは オレ様が再び行きたがっていた「宮の浜」へ行きます。
d0079912_10313073.jpg

今日は 今までで一番天気も安定し、晴天なので、
最後に 心残りになりそうなシュノーケリングをしたかったそうです。
d0079912_10314541.jpg

私とワンコ達は 海に入るとまた後がめんどうくさいので
(車はケージにワンコたちを入れて、汚さないように注意して乗っていました)
オレ様はシュノーケリングしてていいけどさ、
昨日おとといと留守番していたファルトト、
今日は一緒にいられるから ワンコタイムにしてあげようね。

グンバイヒルガオがきれいに咲いていました^^
d0079912_1032527.jpg

日差しが強いので、日陰をてくてくお散歩。
d0079912_13521295.jpg

釣浜へ続く遊歩道の階段を上ると、
d0079912_13522320.jpg

眼下には 宮の浜沖のきれいな海~!
d0079912_10372419.jpg

と~ちゃん、興味ないみたいだけど、
こんなきれいな海は なかなか見られないよ?
d0079912_10324334.jpg


*******************************************

一時間ほど楽しんだ後は、部屋へ戻って片付け、
全部の荷物を車に積んで ダイビングバッグ1つを宅急便に託し、
いざドライブへ出発~。

父島は全周52キロという小さい島だけど、
昨日までの滞在中、自分たちのいたところの反対側は見る機会がなくて。

展望台が点在する「夜明道路」を 時間の限り行ってみることにしました。
d0079912_10131082.jpg

*******************************************

最初についたのは「長崎展望台」。

車を停めて道を歩くと、嗅ぎなれない匂いがするのか
ファルトト 野生にもどって引っ張る引っ張る!
d0079912_10214340.jpg

ちょっと歩くと 視界が開けた崖の上にでます。
わ~~、海の色がきれい!!
d0079912_1023323.jpg

転落防止の柵はないので、ファルトトはリードがつながってないと
まぁ、さようなら~になるでしょうな。しっかりリードを握っておかないと。
d0079912_10231569.jpg

さて、次は「旭平展望台」。

おっ、野ヤギがいました。トトさん匂いで大興奮^^;
驚かせてもかわいそうなので、まずオレ様だけそっと近づいたら
崖のほうへ降りていきました。
d0079912_101430100.jpg

うわ~~、ここもすごい海の色!!
d0079912_1026465.jpg

深い部分は紺色で、浅瀬は淡いブルーで。
きれい、以外の言葉が出てきません。
d0079912_10151332.jpg

ファルトトにはちょっと暑かったね^^; ごめんごめん。
またいつ来れるかわからないもので、とにかく記念撮影させてね。
d0079912_10152338.jpg

もうひとつの展望台へ向かう途中、
島に1つしかないという「ヤドカリ」の標識を見つけました^^

ほんとにヤドカリが 海からこんな上の道路まで上がってくるんだろうか??
d0079912_10153766.jpg

もう1つの展望台は「初寝浦展望台」。

見下ろせるのが「初寝浦」で、歩いて何十分かでアプローチできるらしい。
アクセスが悪いおかげで プライベートビーチ感覚らしいので、
次回 ファルトトと行って遊ぶのに気楽でいいかも♪
d0079912_10285014.jpg

ここの展望台はちょっと怖かったです。
というのも、軍の施設の廃墟がそこかしこにあるんです。

木立に隠れるようにある廃墟。
何に使われていたかはわからないけど、長いときの経過を感じる傷み具合でした。
d0079912_10291050.jpg

島に来て落書きを初めて見た。。ちょっと悲しい気持ちになりました。
d0079912_10292676.jpg

海の景色はきれいだけど、こういう建物を見ていると
戦争の残りみたいなのを感じます。
島の歴史を知る上で、大切なことだとは思うのですが、
やはりちょっとこわいので、ファルトトと一枚記念写真を撮って 後にしました。
d0079912_10293895.jpg


**********************************************

船に乗る時間も近づいてきたので、二見港方面へ戻ります。
d0079912_10385044.jpg

乗船受付をしてレンタカーを返し、列に並びます。
d0079912_10393117.jpg

時間になって乗り込み、行きと同様に
ファルトトをペットルームに置いて 自分の陣地を確認したあと。

デッキに出ると、見送りの人がたくさんいます!
d0079912_10395718.jpg

カヤックでお世話になったジローさんもいます。
こちらに気づいて 手を振ってくれました。
d0079912_10403360.jpg

見送りの太鼓とともに、船は出発します。
岸からだんだん離れていくと、桟橋から子供達が次々と海へダイブ!
手を振ってくれます。
d0079912_1041813.jpg

さらに岸からおが丸が離れていくと、
ダイビングボートやクルーザーが何台もお見送りでついてきます。
d0079912_10415328.jpg

話には聞いてたんだけど。。おが丸に追いつくと、
せ~の、で船ごとに見せ場を作って ダイブするんです!!
d0079912_10421472.jpg

おが丸に乗っている人たちは拍手喝采!
海に飛び込んだ人たちは 海面から手を大きく振ってくれるので、
こちらも大きく振りかえします。
なんだか嬉しいような切ないような気持ちで じわっとする瞬間でした。

いちばんの華麗なダイブで賞はこちらのお二人、
タイミングぴったりですばらしかった! やり慣れてますな^^
動画で撮ればよかった~。
d0079912_10424894.jpg

お見送りの船も一艘一艘と ダイブを終えて いなくなります。
こんなお見送りは初めてで じんわりです。 父島、ありがと~~~!!
d0079912_10431329.jpg

カツオドリも、しばらくおが丸についてきてたのですが、
オレ様「東京までついてくるんじゃない??」 
それはなかったね。 気づいたらいなくなりました。
父島が遠ざかってくようで さみしいなぁ。
d0079912_10434496.jpg

聟島(むこじま、別名ケータ島)にまで来ちゃった。
これからまた いろんな島の沖合いを通って帰ります。
d0079912_16331451.jpg

ファーちゃん、楽しかったかなぁ??
お父さんお母さんはとても楽しかったよ。。
d0079912_10441615.jpg

2時に乗船して しばらくすると夕暮れ。
旅の終わりってのは、いつも切ないものですねぇ。
d0079912_1044355.jpg

でも 夕飯は船内のレストランでしっかり食べた私達です^m^

父島に空港を作ろうという案もあるようで、
現地にポスターが貼ってありました。
島の人にとっては 生活にかかわることなので 
飛行機があれば 何かと便利でしょうね。

いつ実現するか、また、ほんとうに実現するかもわからないですが、
この自然のきれいさや リゾート開発がされていない素朴さが
空港ができたら損なわれたりするかもしれませんね。

1度だけ訪れた私たちが 口出しをできるようなことではありませんが、
父島のこのゆったり穏やかな雰囲気は
船で25時間半かかるからこそ、のもののように思います。
島がこれからも変わらずにいてほしいなぁと 観光客ながらも思う私たちです。

by fal-toto | 2010-08-05 16:02 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(3)


綺麗なビーチが数々ある父島の中でも、
私が行ってみたかったのが 「ジョンビーチ」 と 「ジニービーチ」。

昔々、ジョンとジニーがそれぞれ漂着した浜で、
岩場を挟んで位置するような、割と近い感じなんだけど
潮流が早く、二人は1度も会うことがなかった、という言い伝えがあるそうです。

お話の真偽はともかく、とても綺麗なビーチらしい。
でも ジョンビーチは、陸から行こうと思うと、
道路に車を停めてから 延々2時間くらい歩かないといけないんです@o@

ジニービーチはそこからさらに危ない道を通りつつたどり着くらしい。。
(危険だからでしょう、2年前から徒歩でのアプローチは禁止されたそうです)

ですので、ジニービーチに行くには
今はカヤックしかないんですね。

それで、今回はシーカヤックすることにしました。
これもお初です。今日も風が強そうで、ちょっと心配です。
大丈夫かなぁ??

まずは荷物を準備、こぎ方を教わって。。
d0079912_14593352.jpg

さぁ行きますよ!の記念撮影して
(昨日焼けた足が痛いので 今日は焼かないぞ。
日焼け完全防備&こぐときに濡れると聞いたため
レインコートのズボン履いてます。写真撮るにはちょっと、だね。。^^;)
d0079912_14595042.jpg

ここの川から進水して、海へ漕ぎ出します。
d0079912_150653.jpg

川から海への入り口。とても綺麗な水!
d0079912_11124557.jpg

連日のスコールにもかかわらず、
水は澄んでて 透明度高かった~。
d0079912_1503716.jpg

ここからしばらくは、漕ぐのに必死で写真撮る余裕なし。

二人で息を合わせて漕がないと、ジグザグまっすぐに進まない><
今日は風・波高く、途中でうわ~っと雲がやってきて
スコールになると しけるしける。

最初は漕いでも漕いでも進まず、ガイドさん号についていくのに必死です。
夫婦 息合わないし(笑)

腕が疲れた~~しんどい~~というのは 写真には出てませんが^m^
d0079912_1505550.jpg

漕ぐのになれてくると、無駄な力がいらなくなるのか
少しだけ余裕が出てきたり。

小港海岸から出発して、「イチニ!イチニ!」と掛け声かけつつ。
相変わらず息が合わないながらも^m^ 40分くらい漕いだころでしょうか、
目的地のジニービーチに近づいてきました♪
d0079912_1513343.jpg

向こうに見える白い砂浜がそうです。
d0079912_151770.jpg

私達の先に行ってるカヤックです。
空も曇ってきたし、スコール来るぞ~。
もう少しだから、がんばれがんばれ!
d0079912_1515034.jpg

到着したらいきなりスコールです@o@ 着いててよかった。。

途中も同じようなスコールがあったけど
急に嵐みたいに暗くなって時化てきて
バシャバシャの波間を漕いでも ぜんぜん進まなかったからね。
d0079912_1642193.jpg

ま、しばらくすれば晴れるでしょ。

と言ってる間に、上がりました^^
d0079912_1515919.jpg

ジョンビーチから徒歩でくるときは、こんな感じの崖を降りるようです。
そりゃ、危ないよねぇ。
d0079912_1522485.jpg

雨が上がったジニービーチは、白い砂浜と青い海で、
どこを撮っても絵になる綺麗さ!
d0079912_15242100.jpg

う~~ん、きれい。。
がんばって漕いで、無事着けてよかった~~。
d0079912_1644946.jpg

砂浜には 海亀の産卵の跡がいくつもあります。
d0079912_153058.jpg

私の方の防水カメラで撮った画像。(拡大します)
パノラマ機能がついてたから試しに。。
ほほ~3枚撮ったものを カメラが自動で接合してくれる機能なのね。
d0079912_1535036.jpg

ジニービーチでお弁当を食べ、シュノーケルしたあとで、
ジョンビーチへ向かいます。

岩場を挟んで割と近く、みたいな感じに見えるけど、
漕ぐと15分くらいはかかったかな?
d0079912_1543237.jpg

はぁ~到着。ここでもシュノーケリングします。
d0079912_1545621.jpg

ジニービーチにくらべて 男性的というか、
石がごろごろしている浜です。
d0079912_155873.jpg

オレ様は 今までシュノーケルつけたまま潜ったことがなく、
今回できるようになって嬉しげ。
d0079912_155514.jpg

海底の砂地には エイが寝てるよ~。
d0079912_156825.jpg

1時間ほどゆっくりしたあと、帰途につきます。
帰り道がまた漕ぐのに必死で、写真はありませんが。。^m^

小港海岸近くに戻ったとき、
遠くの崖に 野ヤギ発見。よく落っこちないもんだ。
d0079912_1562811.jpg

今日は ビギナーにはけっこうハードな道行きだったようです。
でも ジニーにまで行けたのはほんとに嬉しかった!

ジローさん、ミーボさん、お世話になりましたm(_ _)m

**************************************************

3時すぎにはお宿に戻り、ついうとうと。
涼しくなってから ファルトトの散歩に出かけました。

ここのお宿に来てからの ファルトトのいつもの散歩コースを紹介します。

まずお宿からこういう道を通り、
(どことなく植物が南国ぽいです)
d0079912_157047.jpg

周りは普通の住宅地ですからね、団地もすぐあります。
d0079912_157249.jpg

住宅には珍しい植物もいろいろ植わっておもしろい。
見ながらぶらぶら散歩します。

これは「四角豆」 料理屋さんで天ぷらで食べました。
d0079912_1573469.jpg

パパイヤ、、だよね??
こんなに房なりになるのかな??
d0079912_1575025.jpg

歩いてバス通りに出ました。
d0079912_158985.jpg

こちらのお宅のブーゲンビリアきれい!
d0079912_1582199.jpg

生えている木なども 我が家のあたりではあまり見ないものが多く、
それが全体的に南国ぽい雰囲気をかもし出しているんだな~。
d0079912_1583534.jpg

港の方へ歩くと、「鎮魂」の碑がありました。
このあたりでは実際に戦争があったんだよね (硫黄島も近いし)
まだ戦争の匂いが残っているのかもしれない。黙祷しました。
d0079912_1584975.jpg

二見港へ来ました。
父島へ来て思うのは、風がさらっとして湿気ぽくない。
もちろん日中の日差しは厳しいけど、蒸し蒸し感はありません。

最高気温も30度ほどだし、
35度にもなるうちの方がよほど蒸し暑いなぁ。
d0079912_159678.jpg

ファルトトも散歩できて満足げ^^
d0079912_1591867.jpg

港で停泊してる船を見ていたら、
「ミス・パパヤ」が戻ってきました。
d0079912_159344.jpg

あとで船長さんに聞いたら、「イルカが8分も絡んで遊んでくれた」ということでした。
いいな~~!!よし、これまた次回の宿題に!^o^

***********************************************

お宿へ帰ってワンを留守番させ、レンタサイクルを返却しがてら 大村へ。

今日の晩御飯は 「波食波食」(ぱくぱく)です。
↓ これ、まだ8時前なんだけど繁華街の様子。。夜がはやいね~。
d0079912_159597.jpg

チャンプル、刺身、島豆腐+ビールとパッションハイね! 
おいしくお酒がすすみますわ~でも食べる前に撮ればよかった^^;
d0079912_15101672.jpg

食べ終わった後は港をぶらぶら。

お、貨物船「共勝丸」が入港してた!

以前はこの船にも 東京から旅客が数名乗れたらしいんだけど、、
有名になりすぎて、いまでは島民のお客さんのみって聞いた。そうなのかな?
d0079912_15103014.jpg

はぁ~、楽しい時間はすぐ過ぎます。
明日は出港日。ちょっとさみしい。。
d0079912_15105778.jpg

by fal-toto | 2010-08-04 15:05 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(2)


父島滞在2日目、今日はドルフィンスイム&ホエールウォッチングの
オプショナルツアーに行きます。

天気は。。雲が多いながらも まずまず晴れ間もある。

お宿近くまでお迎えに来てもらい、船に乗り込みました。
お世話になるのは PAPAYAの ミス・パパヤ号です。
d0079912_9403249.jpg

晴れてきて 気持ちいい~♪
d0079912_1374068.jpg

風が強くて、波もけっこうあるけどね。
d0079912_9404774.jpg

景色を見ながら、このへんまでは快適でした。。
d0079912_1335938.jpg

が、
今日は天気が不安定なようです。
空模様がどんどん怪しくなってきて(><)
d0079912_9412119.jpg

うひゃ~、すごい雨!
ほとんど嵐だよこりゃ。海も時化て 波がバシャバシャ。
あぁ。。今日のツアーは期待できないかも。。
d0079912_9413947.jpg

こんな時化の中、小さい岩場なのに釣りをしてる人が!
大丈夫なのかなぁと見ていたら、
ぐぐ~っと竿がしなって、何か大きい魚が釣れてた! おめでとうです!
d0079912_1433259.jpg

最初は 兄島というところへシュノーケリングをしに行きました。
雨はやみそうだけど、どんより~。。
d0079912_9424125.jpg

が、不思議なものでこの雨、
スコールみたいなもんですね。
しばらくはザーっと降るんだけど、あとは止んできました!
d0079912_9421312.jpg

青空になってきて、やっと海の色が綺麗に見えるように。
やっぱり この色が見たいよね~。
d0079912_9453126.jpg

水温が低く、私は早いとこシュノーケルはギブアップ。
オレ様は結構楽しんでたみたい。
d0079912_9492549.jpg

そうこうしてるうちに、空は青空に^o^
d0079912_9433317.jpg

いよいよ ドルフィンスイムに行きますよ~。 初の体験です。

小さいボートに乗り換え、
船頭さんがイルカの群れを見つけて 合図があったら
ボートの縁から 即座に海に飛び込まないといけません。

今日は波もけっこうあるし、初めての体験なので
私とオレ様は ライフジャケット着用です。

イルカの群れの位置は 時計の針に見立てて、
船の進行方向を12時とします。

船頭さんが 「イルカの群れ、今1時にいます。2時。。。3時。。。はい、GO!」 のように
安全と思われるタイミングで合図をするので、
シュノーケルやフィンをつけたまま待機してて
すぐに飛び込んで イルカの姿を追います。

いや~~~~、
「ドルフィンスイム」って、イルカとほんわかたわむれるような、
なんかこうほのぼのしたものかと思ったけど、
けっこう 体力勝負ですね^^

同じ行程を全部で5回やりました!
どの回でも たぶん同じ群れのイルカを見られたんだけど、
今日の子たちは 人間が近づくと
「また来たな~」みたいに 潜っていってしまいます。

運がいいときは、もっとイルカたちが遊んでくれるらしいので
また来てみたいな!
でも これだけ見られれば、初回としては大満足です^o^

慣れてる人は ライフジャケットなどつけずに
それこそ、イルカと一緒に潜ってたりするんです。
まさに「ドルフィンスイム」ですね!

私たちは 「ドルフィンウォッチ」で
水面から イルカの群れと、一緒に泳いでいる人を
ほえ~~っと眺めてました。 すごいな~~。
d0079912_944587.jpg


*********************************************

この日は 風も強くうねりもあり、
外洋へは出られなかったので ホエールウォッチングは中止となりました><

残念!マッコウクジラ 見てみたかったなぁ。

それに、あと、↓こんな綺麗な景色がある「南島」へ行きたかったんだけど
(写真は「広報東京都」から転載したものを また転載しました)
d0079912_1346993.jpg

うねりと波で船が着けられず、
泳力に自信がある男性数名と、ガイドさんが
泳いで穴をくぐって行く事に!
d0079912_9443028.jpg

写真だとあまりうねりがわからないかもしれないけど、
↓こんなに荒れていたんです><



うは~~、これは私にはとても泳いでいけません。
ということで 南島も次回の宿題に残しておきました。

上陸組が島をめぐってくる間、
船は周辺を遊覧してくれました。

これは父島方面、写真中央右よりの ハート型に見える茶色い岩、
「ハートロック」に ちょうど虹がかかって綺麗♪
d0079912_9451330.jpg

ドルフィンスイムのイルカと違う種類の群れに遭遇しました。
d0079912_13121037.jpg

「ハシナガイルカ」 ドルフィンスイムで見た「ミナミバンドウイルカ」よりシャイで、
一緒に泳ぐというより ウォッチ向き、ということです。

20~30頭くらいの群れでしょうか、
船で近づくと 寄ってきて一緒に泳いでくれて可愛かった^o^



まだ起きたばかりで、活性は低いということでした。
しばらく船について泳いでくれたあと、方向を変えて去っていきました。ありがと~~!
d0079912_9502712.jpg

一緒のオプショナルツアーに 小学生の子供達の
サマーキャンプの団体がいました。

デッキに足が並んでかわいらしい。 イルカたちを見られて満足したかな?
d0079912_9454795.jpg

あ~楽しかった! でもいろいろと宿題が残ったから、また来なきゃ^^ 
ツアーは夕方無事に終わり、ファルトトの待つ毛利荘へ帰りました。

*********************************************************

ファルトト、朝から夕方まで留守番ありがとね。
(まぁエアコン効いた室内だから 快適に寝れただろうけど^m^)
昨日借りた自転車があるから、一緒に大村まで買い物に行こう。

まず買うものは。。足に塗る日焼け後のローション!!

今日はこんなに曇ったりしていたのに。
上半身はラッシュガード着てたから大丈夫なんだけど、
帰ってみると太ももが真っ赤! 時間とともにヒリヒリしてきたし~。
あ~~油断したなぁ><

ここ何年も太ももに日が当たるような格好したことないからな。
一日で急速に焼けて やけどになっちゃったToT

お店が閉まる時間が近づいてるので、急いで大村へ向かう。

オレ様が買い物してる間に、ファルとギョサンの記念写真も撮っておかないと^^
d0079912_1394723.jpg

と~ちゃんと町並みもね。
d0079912_139572.jpg

二見港わきにある くじらのモニュメントと。。
d0079912_1310740.jpg


****************************************

そうそう、今日はナイトツアーも行くんです。

島の道路は 街灯がなく、ほんとに真っ暗です。
d0079912_13102452.jpg

光るきのこ「グリーンぺぺ」は、きのことしては見られなかったけど、
その前段階の胞子が 落ちた枝にまぶさってて、
暗闇にぼんやり細長く光っているのは見ました。

島に100匹しかいないコウモリは、たまたま今日はすごいたくさんいました。
木の実に何匹も集まっていたので、
実はめずらしくないじゃん?という印象を受けるくらいです(←ガイドさん談)

実は ナイトツアー出発直後に またスコールがどど~っと来て、
あ~。。と思ったんだけど、これまたすっきりと晴れてきました。ラッキー!

月が出る前の時間だったこともあり、星がもう~~とにかく綺麗!たくさん!!
満天の星だ~!! ↓これはお借りした写真ですが、
「小港海岸」では天空いっぱいにこんな感じで星が広がって、
ず~~っと一晩中でも見ていられそうな美しさでした。
流れ星もたくさん見れたしね! こんな星空 次はいつ見られるだろう。
d0079912_22215893.jpg

そうそう、「グリーンぺぺ」は見られなかったけど、
「オレンジペペ」は見ました(笑)

だれが最初か分からないけど、
↓ この、電波望遠鏡のライトアップを「オレンジペペ」と呼ぶそうです。

星と星の間の距離を計測してデータにする、とかそんな機能だったかな。
これで直接 星を見るものではないようです。
d0079912_16303142.jpg

お天気に翻弄されつつも、一日あっという間で心地よく疲れた~。
明日はまた違うことを初めてします♪
by fal-toto | 2010-08-03 00:23 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(0)


朝6時、船内の照明が点けられ、みんな少しずつ起き出します。

夜10時に 薬を飲んで寝た私、
早朝に一度目が覚めてしまったけど、
まぁ 眠かったら後で寝られるしね、と
まず ファルトトの待つペットルームに向かいます。

今日の天気はどうかな。。
おっ 晴れてるみたいだね♪
d0079912_17471977.jpg

ファーちゃんおはよう!

元気いっぱいです。 でも おしっこ出ないのね。。
こりゃぁ 降りるまでしない気ですな。
まぁ しょうがないけど、ちょっと気になるな。
d0079912_17473653.jpg

トトもおはよう!

トトさんもおしっこ出ないのねぇ。
毎回 デッキの散歩にはペットシーツを持ち歩いているのに
一度も使わないとは~。 がまんしなくてもいいのに。。
d0079912_17474729.jpg

朝ごはんは 和洋折衷もいいとこですが^^
船の上では さすがに脂っこいものは食べる気になれず、
さっぱり系で選びます。
d0079912_1748751.jpg
d0079912_17481826.jpg

******************************************************

海況がよいときには、
船内見学ツアーが行われます。

昨日のうちに申し込みをすませておいたので、
9時半から 船室やエンジンルームなどを 船員さんに案内してもらいました。

自動操縦になってますが、実際にレーダーや機器が使われているので
勝手に操作するのは厳禁です。
ツアーの子供たち、興味津々で見て回ってましたね~。
d0079912_17483226.jpg

港に着いたときなど 手動操縦に切り替えるそうなので、
そのときは ここから見て操舵するんですね。
d0079912_17484399.jpg

下の方の階へ下り、エンジンルームへ来ました。
d0079912_17485595.jpg

扉1つ隔てた向こうは まさにエンジンが動いていて、
見学したのですが むちゃくちゃ暑い&重油が臭い。

ここでのお仕事は ほんとうに大変だと頭が下がります。

おがさわら丸は 大きいだけに燃料食いで、
重油1リットルあたり14m(!)しか進まないそうです。
一秒に1リットル燃やすとおっしゃってましたので、
重油代、すごくかかりそうですね。

******************************************************

見学ツアーが終わるのが10時でしたので、
到着時間の11時半は ほんとにもうすぐ。

荷物の準備をして デッキから外を見ていると、

お~~ついに島影が見えてきました!
d0079912_17491872.jpg

でも なんか空が曇ってる?

港が見えるころには 「現地は雨」の船内アナウンスが。。emoticon-0106-crying.gif
お天気はしょうがないけど、テンション下がるよ~。
d0079912_17493162.jpg

…でも 一時はざーざー降った雨も 入港時には小降りになり一安心emoticon-0142-happy.gif

25時間半と聞くと長いけど、今日は起きてから着くまで5時間くらいだし、
思ったよりも退屈せず、大丈夫な船旅でした^o^

お宿の方が 港まで迎えに来てくれていました。
荷物とファルトトを乗せて、お宿へ車で5分ほど走ります。

******************************************************

今回のお宿は 毛利荘 さん、トレーラーハウスです。(奥村のほう)

外観はこんな感じで↓
d0079912_17515144.jpg

扉を開けると リビングスペースや、
d0079912_1752382.jpg

ダイニングテーブル、
d0079912_17521565.jpg

キッチンの冷蔵庫は でかっ!
人が入れそうでした^^
d0079912_17522633.jpg

このほかに、シングルベッド2つの寝室と、
トイレ+シャワーがありました。

ファルトトは 室内自由でいいのですが、
明日あさっては 私たちがオプショナルツアーを入れているので
こんな感じで ケージで留守番させることにしました。
d0079912_17523520.jpg


******************************************************

出発前に送っておいた荷物も、室内に運んでおいてくださってました。
荷解きをすると 島で一軒のみ(!)のレンタカーに連絡し、
カローラバンを半日借りました。

(半日のオプショナルツアーなどもあるのですが、
船に乗った後の体調が想像つかなかったため、
今日の午後は 時間を空けておいたんです。)

島はアップダウンが多いし、
ワンコ連れだと やっぱり車はほしいところです。


********************


まずは 一番の繁華街をのぞいてから。。

とても把握しやすい規模です!
いいな~、これくらいのまち。
リゾート開発がすすんでいない感じが 素朴でいい感じです。

スーパーや薬局、JAなども一通りそろっているので、
買い物には困りません。

夕方には閉まってしまうので、閉店時間にお気をつけを。。
コンビニはありません。
d0079912_23452416.jpg

「スーパー小祝」を紹介するレポーター風?オレ様。

入港日は 夕方くらいには商品がお店に並びます。
(物価は高い印象を受けました。
輸送費がかかるからね~。でも魚類も決して安くはないような??
流通の方も 何らかのコストがかかるのかな?)
d0079912_23454458.jpg

島で有名な「漁サン」。 いろんな色を売ってます。
地元の人も履いてますね。一足800円程度。

私は左上のMサイズ 赤いやつを買って、
島ではずっとこれを履いてました。
d0079912_2346018.jpg


*****************************************************

その後は 人も犬も体調がいいし、行ってみたかった「宮之浜」へGO!

お宿から車で5分少々で、
こんな綺麗なビーチに来られるなんて。。スバラシイ。

しかも 道路からすぐ脇にあるビーチなので、
車を横付けできるんです。
d0079912_19593657.jpg

草陰に オカヤドカリがいっぱいいました!

天然記念物みたいなのですが、
リュックとか置いてあると 平気で潜みにくるんで(笑)
しょうがなく手で殻を持って移動させます。
(でも ほんとはさわっちゃダメよ。)
d0079912_1315868.jpg

お宿でふくらませてきたミニボートを持って、いざ行くよ~!

……え~~、ファルさん なんちゅう不服顔。
このためにコレ用意してきたんですけど^o^;
d0079912_19564080.jpg

はいはい、わかったよ。
ファルは たまごちゃんの方がいいもんね。
d0079912_2032419.jpg

トトは ボートそれほどいやじゃないみたい^^
d0079912_2051662.jpg

むしろ泳ぐほうは今ひとつ、縦泳ぎでバシャバシャでした(笑)
d0079912_2062171.jpg

晴れたり曇ったりの天気でしたが、
晴れてる時間に ファルと一緒に泳いでみたり。。
(こうして抱っこしても 前足で泳ぐようにカキカキしてるんですemoticon-0136-giggle.gif
d0079912_2065660.jpg

前日に大雨が降ったということで、透明度は少しよくないですが
d0079912_2072448.jpg

半日じゅうぶん遊ぶことができました♪

(しかし!
このあと、ファルがたいへんになっちゃったのです。

たまごちゃんをくわえるときに、どうしても海水を飲みます。
今日も遊び終わったあと、おなかが激しく P~P~になってしまいましたToT

そういえば、以前にオレ様と森戸海岸でファルを泳がせたときも、
帰りの車内で 海水をげ~って吐いてたし(汗)

お宿でも Pちゃんをしてしまい、
ビニールクロスだったから片付けやすくて助かったものの、
それから毎日 ビオフェルミンを飲ませて、
帰る前日まで ウンが緩かったです。

ファーちゃん、あたらしいコールネーム付いた。 「海水 ヨワ男」じゃemoticon-0104-surprised.gif

トトは平気だったんですけどね。
これからファルは海水はNGということになりました。)

*****************************************************

レンタカーを返し、事務所から大村(繁華街)まで車で送っていただきました。

というのは、私たちのお宿は奥村というところにあり、
大村からは 徒歩で15分くらいかかるので、
レンタサイクルを3日間借りることにしたのです。
これで 気軽に大村まで買い物に来られます^^

*****************************************************

さて、父島の名産といえば、「島寿司」と「亀料理」。
島寿司は茶色い方で、メカジキのしょうゆ漬けとカラシのおすしでした。
(ほんとはサワラが多いらしいです)

亀寿司の方は 亀の刺身のおすしです。
亀って! 食べられるなんて知らなかった~。

昔ながらの亀料理では 「亀の煮込み」の方がポピュラーだそうですが、
伝統的な調理法ではとても臭みがあるそうで、慣れないと食べづらく、
地元の人でも 昔からの年配の人が好まれる、ということを伺いました。

観光客も行くようなお店で出される亀煮込みは
きっと さらに臭み消しとかしてあるんでしょうが、
私たちは怖々になってて食しませんでした。
もし食べられた方がいたら、どんなだったか感想を教えてください。


亀はお寿司の方では 味はユッケとマグロの中間のような??
それほど脂がなく、さっぱりした味です。
島寿司も亀寿司も臭みなく、おいしく食べられました^^
d0079912_2083194.jpg


父島一日目の夜は星も出ていました。
明日のお天気に期待です!
by fal-toto | 2010-08-02 22:35 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(3)


(実際に行くまでの話で 2記事も使っちゃった。
これからは ほんとに出発します~~)


さて、旅行の準備として、
現地でシュノーケルするための3点セットや水着・服なんかの
前もって送れるものは クロネコヤマト宅急便でお宿に送っておきました。

(父島はなんたって「東京都」ですから、神奈川県からの送料はお安い^^
ダイビングバッグ1個目いっぱい詰め込んでも 1500円ほどだったかと。)

送るのには 一点留意したほうがいいことがあります。

自分たちより1便前の船に乗せて お宿に送っておけば
到着当日からすぐに荷物を使えますが、

自分たちと同じ便に乗せると、
到着当日には 荷物がお宿に着かないかもしれません。
(クロネコヤマトなら到着日当日に配達すると聞きましたが、
着く時間まではわからないですしねぇ。)

ですので 到着してすぐに使いたい荷物は
時間的な余裕を持って送っておくのがベターだと思います。

*************************************

出発当日、乗船受付は8時半からだったので、
それに間に合うよう 車で家を出ました。

出港は10時なので、そんなに慌てて受付しなくてもいいんだろうけど
ワン連れだし、初めてで様子も分からないので 
今回は 早め早めに行動してます。

竹芝桟橋について 「車を預かってくれる業者さんとは どこで会えばいいのかな?」と
言っていると、すぐ来られた業者さんの方から ナンバープレートで車を見つけてくれました。

荷物を降ろし、受付口の様子を見に行きます。
わぁ、8時半前なのに もう並んでますよ。
d0079912_178301.jpg
ファルトトをケージに入れて、オレ様に見てもらい私は受付してきました。
d0079912_1714944.jpg

乗船開始は9時半なので、それまではやることないんだけど、
みんなが列になっているので、とりあえず並んでおきます。
d0079912_1784025.jpg

ファルトトも一緒に並んでます^^
この間に 酔い止め (アネロン←愛用者多いっぽい)を飲んでおきました。
d0079912_1785373.jpg

9時半になり、列の先頭から乗船します。
乗船口で 毛布の場所の番号札をもらい、
オレ様は荷物をもって その番号の場所へ。(Cデッキ奥の2等室でした)

私はファルトト+折りたたみケージを持って
船員さんに案内されて ペットルームへ。
d0079912_179363.jpg

ワンコのケージを確保し、折りたたみケージを入れ込んで
タオルや布で 外が見えないようにしました。
(他のワンコもいたし、吠えると迷惑だからね。)
しばしお別れだよトト。あとで見に来るね。
d0079912_1715516.jpg

このあと、自分の陣地(毛布)を見つけて荷物を降ろし、ほっと落ち着きました。
いよいよ なが~~い船旅が始まります。ダイジョブかな??

***********************************************

荷物をおろしたあとは 甲板に出てみました。

見送りの人がたくさんいる。行ってきま~す!
d0079912_1792465.jpg

最初はお尻の方向に進み、レインボーブリッジをくぐります。
d0079912_1793679.jpg

わぁ、橋の下ってなかなか見ないからね。
写真撮ってる人たくさんいました。
d0079912_1794862.jpg

天気はうす曇。こんなでっかいタンカーや。。
d0079912_1710082.jpg

羽田から発着する飛行機を見ながら。。
(どんどん離着陸するんですね!すごい混雑ぶりだなぁと思いました)
d0079912_171095.jpg

しばらく海を見ていた後で、船内を見て回ることにしました。
初めて乗るから すべてがもの珍しく。。^m^

Cデッキのロビー
この階段で 上下階へ行き来します。
d0079912_17103736.jpg

Aデッキは ラウンジやチルドレンルームが。(子供のおもちゃが置いてある部屋でした)
ビデオを有料で見られる部屋もあったけど、どうも高いらしく
人が入ってるのを見かけませんでした^m^
d0079912_17105247.jpg

飲み物やカップめん、お菓子を買える自販機が各階にあります。
d0079912_1711893.jpg

シャワーブースも各階にあり、好きなときに入れます。
d0079912_18454064.jpg

レストランもあります。

(もし酔ったらご飯なんか食べられない、と思っていたのに、
結局 全食なんらかは食べました 笑)
d0079912_17112879.jpg

この 「島塩ラーメン」 あっさりしてて美味なんですよ~。
d0079912_17114041.jpg

そうこうしているうちに、東京湾を抜けて
海の色が 綺麗な青色になっていました。
d0079912_17182417.jpg

さぁ ファーちゃんから デッキに出してあげようかね。
(今日は海況が良くて ゆれがすくないけど
私の安全確保しながらだから、1頭ずつ出します。)

風がすごいねぇ。でも出れたのが嬉しそうでアハアハしてます。
d0079912_1711576.jpg

と~ちゃんも出てみようかね。
d0079912_1712983.jpg

それぞれ少しずつデッキを散歩して、また収納~。
おやつタイムには 初・パッションフルーツを食べました。
甘すっぱい!でもアイスと食べると酸味がちょうどよくなって美味しかったです。
d0079912_17122116.jpg

東京湾を抜けると、周りには船もいなくなり、
広~い海に囲まれて おがさわら丸1隻が進みます。

途中、いろんな島の影が見える以外は 青い海ばかりっていうのも
なかなかない経験です。
d0079912_20232294.jpg

海を見てたり、本を読んだり、
なんか食べたり、合間にファルトトをそれぞれ散歩したり。。
d0079912_17124357.jpg

共用部は レストランや部屋以外は
ワンコも大丈夫なので こういう椅子のところにいてもいいみたいです。
d0079912_17125717.jpg

なんかかんかしてるうちに 日は傾いてきて。。
d0079912_17131550.jpg

消灯は10時なので、その前に夕飯・シャワーして
最後にファルトトをペットルームに見に行って この日は終わりました。
(ペットルームは 夜10時~朝6時は 立ち入りできないということです。)

25時間半も何してよう?と思ったけど、
初めてで珍しいということもあって 
今日一日は 案外早く時間が経った感じです。

(2等室に数台あるテレビでは 午後2時からは
「アバター」など映画が3本上映されてましたので
それを見てる人も多かったです)

さて、あの「奴隷船」(と呼ばれるらしい 笑)の船室に帰って寝ますか。
10時就寝なんて なんて健康的なんでしょうemoticon-0136-giggle.gif

正直、座席から身動き取れない飛行機よりは 
デッキへ出たりシャワー浴びたり 横になったりできる船は 
同じ時間で比べたら すごく体が楽だと思います。

まぁ 大揺れしなかった&酔わなかったからの感想ではありますが、
最初に心配していたよりも ず~~っと快適でした。

by fal-toto | 2010-08-01 19:29 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(0)


父島へ行くには 小笠原海運の 「おがさわら丸」 という定期船を使います。

出発地: 東京 竹芝桟橋 (午前10時出港)

到着地: 父島 二見港 (午前11時半到着)

      通常は25時間半の行程ですが、
      海況により 遅れが出ることもあるそうです。

      オフシーズンは6日に一便、オンシーズンは3日に一便が出港します。
      最低限 必要な日数は 往復含め6日間、
      その場合、父島でのフリータイムは 
      2日目の午後・3日目・4日目・5日目の午前(出港まで) となります。

      島の人達にとっても 物資を運ぶ上でも大切な定期便なので
      出港が翌日に延期になったりすることはあっても、
      「欠航」はほとんどないそうです。

運賃: 2010年8月 大人 2等一名片道 26,230円d0079912_23494951.jpg     (「燃料油価格変動調整金」の変動により、運賃は月によって変わります)

     *「2等」とは、いちばんお安い席で、大部屋に雑魚寝するスタイルです。

     ワンコ料金 大人2等運賃の約半分。今回は13,000円ほどでした。
     (どうしてもこれが高い印象ですToT。 ファルトト往復で 5万円超。うぅ。
      まぁ、ペットホテルでも同じくらいかかるしね。一緒に行ければ 本人たちもいいよね)

     *ワンコの受付は 「貨物」 の場所でします。このときにお支払いもします。


2等席の乗り方としては、
当日、チケットを持って 竹芝桟橋の受付所へ行き 
並んだ順の通し番号(乗船番号)が載った入船名簿用紙をもらいます。
(住所氏名など、必要事項を記入します。半券は下船時に回収されます。
途中で落下事故などなかったかemoticon-0104-surprised.gif 人数確認するんですね。)

乗船番号でブロックにわけられて 「1~100番の人は乗船してください」となり、
下の写真の蛍光ピンク色の矢印 「乗船口」から乗り込みます。

乗船のときに また番号札が配られますが、
この番号が 大部屋に並べてある毛布の場所を示してます。

その毛布の場所が 25時間半過ごす「陣地」となるわけです。

早く乗船した人は、Cデッキからつめて行き、
順番が遅いと 下の階へさがってEデッキになっていくようです。
(小さく区切られた2等室は 団体さん専用だったり、
レディースルーム・ファミリールームとしても使用されてました)

*女性はレディースルーム、
  小さいお子さん連れはファミリールームが 先着順で使えるようでした。

d0079912_2334215.jpg


ワンコを連れている場合は、乗船口で船員さんがペットルームへ案内してくれます。
上の写真の 蛍光ピンク色の部分がペットルームです。

真ん中の扉口?間仕切り?(ここの扉は常時開放)を挟んで、
左右のスペースにそれぞれ大きい作り付け金網ケージが3個ずつ、
その上に小さめケージがいくつか置いてあります。
ペットシーツも備えてありました。
d0079912_23412245.jpg

(上のケージを水道側から見たところ)
d0079912_15381724.jpg

この扉口のところに水道があり、ペット用食器も置いてあります。
d0079912_23413522.jpg

ケージにそのままワンコを入れればいいんですが、
我が家のワンたちは 外が見えないほうが落ち着くので
さらに折りたたみケージを持参し、タオルをかけて視界を遮断しています。
d0079912_2342052.jpg


空調も整えられています。
夜10時~朝6時以外は いつでも出し入れ可能で
デッキで一緒にいることもできます。

船内は レストランや部屋へ連れていってはいけないけど、
ロビーなど共用部分は大丈夫だそうです。

行きは ファルトトのほかには 小型犬2頭、小型犬1頭+猫ちゃん の
利用がありました。

このワンちゃんのなかに てんかんの症状の子がいて目が離せないということで、
飼い主さんは ペットルームの中に寝ていました。
人の出入りがあるので そのたびにファルトトが吠えましたが(-_-;)
帰りはファルトト貸切状態でしたので 気が楽でした。

行きの最初のころは、ペットルームの扉をしめても
しばらくは ファルが「ワン!ワン!」と呼び泣きをしてたんだけど、
客室から離れた場所なので、それほどご迷惑をかけずにすんだようです。。やれやれ。
帰りには 貸切状態&慣れてきたらしく、
ワンワン抵抗もほとんどなく いい子にできました。

船に乗っている間は 酔わないように
ごはんはがまんしてもらいました。
数時間置きに 水をあげたりデッキに一頭ずつ連れ出して散歩したり。
酔う様子もなく 元気でいて一安心です^o^

がっ、
ペットシーツを ペットルーム内に敷いてもデッキに敷いても、
ファルもトトも おしっこが出ない> <
結局、行きは二人とも一回もおしっこせず、
帰りはトトが一回しただけ、ファルはがまんしちゃいました。

やっぱり コマンドでどこでもできるようにしておくと便利ですね。
ファルトトは 旅に出る前の2回くらい 号令かけてさせたくらいじゃ 
やはり無理だった~^^;

下船したら 二人ともジャージャー出ました。
まぁ、一日くらいのがまんは 本人たち大丈夫なようです。
ゆれるから 踏ん張れないのかなぁ??emoticon-0125-mmm.gif
by fal-toto | 2010-07-31 23:31 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(2)

父島へ行くまで


【父島】 東京・竹芝桟橋から 南へ1000キロ…

空港はなく、一般的な交通手段は 船 だけ。
25時間半も 波間にゆられてしか行けない場所。

(でも 東京なんですけどね~^^
車は「品川ナンバー」でした。ちょっと不思議な感じでした)

d0079912_2258936.jpg















25時間半!!(@O@)


d0079912_22593386.jpg最初に聞いたときには ただびっくり。
飛行機でそれだけ飛べば、どこまで行けるやら?!

もともとは 船旅に興味があるオレ様が
おぼろげにチェックしていただけの場所なので、
私はどんなところかよく分からない。
(船旅にとりたてて関心なかったので)




d0079912_2313176.jpg    休みの日にちは一週間しかないのに、
    往復だけで まる2日も使っていいのだろうか?

    自分たち自身、船酔いしないかな?
    ワンコたち、おとなしく乗っていられるかな??

    それに、オレ様は「欠航」まで心配してるし。。
    (今までチェックしつつも話が流れた主因↑)


d0079912_2341328.jpg
でも 休みも目前に迫ってきてるし、え~い、勢いだ。 
今年は思い切って行ってみるか!

……と、そんな感じでチケットを取り、向かった父島は
とてものんびりした雰囲気&心からのホスピタリティで
気持ちがほんわか癒される場所でした。



d0079912_2382162.jpg    オレ様も私も とても気に入りました!

    今もまだしばらく あの綺麗な空と海の景色、
    ゆったり流れる空気が忘れられず、
    ぼ~っとしちゃってます。

    また 訪れることができますように♪ 



(私は父島をよく知らなかったけど、まわりには行ったことがある方もいらっしゃり、
そっか~行きにくい場所だけど けっこう訪問者はいるんだなぁと 
今になって思っている次第です^m^

ダイビング雑誌などにも出てくる場所のはず、、
ファルを迎える数年前までダイビングしてた私たち夫婦は、
移動時間が少ない、飛行機で行く場所ばかり見ていたので
父島のことは考えられていなかったんですね きっと。)
by fal-toto | 2010-07-31 17:30 | 父島犬連れ旅行2010/8 | Comments(0)