「ほっ」と。キャンペーン

ホースシューベンド~アンテロープキャニオン~モニュメントバレー

さて、今日は、西部の自然観光スポットをめぐる1泊ツアーに出かけます。

朝、暗いうち(4時)にホテルの受付集合、
ピックアップしてもらい、ガイドさんの車に乗り込みます。
d0079912_18423345.jpg


ガイドさんも参加者もみな日本人で、安心楽々です。
8人参加していらしたかな?車内はギューギュー詰めでした(笑)

1泊2日でいろいろ回る弾丸的なツアーなので、さっそく出発!

まだあたりは暗い早朝なので、参加者さんみな車中で寝てます。
空が明かるんだころ着いた休憩ポイントには、
恐竜の足跡の化石がありました。
d0079912_184242100.jpg


ラスベガスを出発して数時間、
最初に訪れた観光スポットは、コロラド川が蛇行しているポイント
「ホースシューベンド」
馬の蹄鉄の形に蛇行した場所、って意味ですかね。

砂漠を歩いていきますと。。

d0079912_18441180.jpg


(足元はこんな赤っぽい砂で、足を取られます。けっこう疲れる^^;)
d0079912_1844327.jpg


ぱっかりと口を開けた峡谷が。
d0079912_21551550.jpg


大きさが伝えづらいですが、川に浮かぶ遊覧船がこんな感じで
木の葉のようにちーーさく見えます。

d0079912_18433814.jpg


落差何百メートルって言ってたかな?
とにかく、落ちたら命はありません。

見下ろす角度なので、巨大なU字の全景を撮影するのは難しく、
崖の際で撮るのに夢中になった観光客が
年間何人も誤って落ちるそうです!(ガイドさん談)

それを聞いて、ビビるオレ様。
端っこへ寄って覗き込んで見るのも、ここが限界emoticon-0125-mmm.gif
d0079912_198068.jpg


-----------------------------------------------------

そこからまた車に揺られ、「アンテロープキャニオン」に到着。
この地域では、先住民族の方が峡谷めぐりのツアーをしているようです。
砂漠を走る車に乗り換え。。
d0079912_20553635.jpg


(砂漠をめちゃめちゃ飛ばすので、ガタガタ揺れて砂が舞い込んできた!笑)
d0079912_19194999.jpg


着いた峡谷(アッパーキャニオン)の入り口。
砂岩が鉄砲水で削られてできたそうです。
岩の間の細い道をたどって峡谷内を歩いていきます。
d0079912_19243960.jpg

 
d0079912_21265561.jpg


d0079912_19253535.jpg


↑岩肌そのものは、こういう色味なんだけど、
上からの光線が直接入らない角度で、カメラの設定をいじって撮ると、
↓こんな感じの不思議な写真が撮れます。

d0079912_21385244.jpg


岩の隙間から射し込む一条の光が、とても綺麗でした。
時期によっては(夏?)もっと太く、もっと長く射し込むそうです。
d0079912_21212162.jpg


-----------------------------------------------------

同じように鉄砲水でできた峡谷ではありますが、
今度は、ロウアーキャニオンです。

アッパーキャニオンは砂漠の上に砂岩山の峡谷がありましたが、
ロウアーキャニオンは、地面より下に峡谷が形成されているので、
下に降りていきます。
d0079912_21153057.jpg


ロウアーの方が峡谷が浅いせいか、
アッパーに比べて、光がよく入って明るいです。
d0079912_19263560.jpg


d0079912_2234772.jpg


d0079912_21435799.jpg

↑ここも、砂岩自体はこういう色なんだけど。。

カメラの設定を変えて撮ると、↓こんなすごい色に撮れる!
カメラマジックですねぇ。

d0079912_19295475.jpg


d0079912_19302590.jpg


d0079912_21494371.jpg


こうした写真が雑誌に紹介されて、
アンテロープキャニオンは有名になってきたそうです。

-----------------------------------------------------

さてさて、車はいよいよ本日最終地に向かいます。
早朝に出発したのには理由があって、
夕暮れまでに モニュメントバレーについて夕日を見られるように、という
ツアーの時間配分でした。

まっすぐな見通しのいい道で、快適に飛ばします!
時間が押せ押せツアーなので、平均120kmときどき140km?^m^

d0079912_1934995.jpg


だんだんと、岩山がぽつぽつ立っているような場所に来ました。

d0079912_19344172.jpg


で、着きました!
本日のホテル「The View」です。

d0079912_222499.jpg


客室側はこんな感じ~
d0079912_1935258.jpg


インテリアに、先住民族文化を感じますね。
d0079912_22384176.jpg


もともとホテルに対してこだわりは薄いのだけども、
モニュメントバレーに来るなら、地域内に唯一建つこのホテルに
泊まりたかったのだ。

なんたって、この立地♪
テラスから見るモニュメントバレー!
d0079912_19355867.jpg


スケールの大きさに、ただただ感動!
d0079912_19362984.jpg


平野の部分の色も、なんとも言えず。。
d0079912_19364624.jpg


荷物を置いてから、外へ景色を見に行きました。

だんだんと日が暮れてくると、色もどんどん変わり。
d0079912_19375719.jpg


d0079912_19381449.jpg


この岩は「ミトン」というそうです。
ホント、手袋のミトンみたいですね!
d0079912_22153067.jpg


ビールも飲んじゃったりして。
d0079912_22154166.jpg


だんだんと日が落ちて寒くなってきました。
夕日がまた綺麗で。。
d0079912_194586.jpg


d0079912_19411422.jpg


ホテルでは先住民族のメニューをアレンジした料理、美味しかったです。
この夕焼けなら、明日も晴れるでしょう^^v
朝日を見たいので、早起きします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by fal-toto | 2014-10-30 21:49 | アメリカ旅行2014/10-11 | Comments(0)