北海道犬連れ旅行記2013 5日目 知床(ウトロ側)

ということで、昨日はお宿探しなどバタバタしてしまいましたが、
その間の一時間くらいが、一番 雨足が強かったという…--:

こちらのホテルにお世話になりました。
d0079912_1318040.jpg

バイキングの夕ご飯、品数豊富でたくさん食べちゃった。
おいしかったです♪

気になるお天気は ど~んより>< 長袖着ないと寒い。
毎日天気予報を見て 行動を決めているけど
今日は 午後の方が多少なりとも日が差す予報。

ということで、念願のクルーズは午後の便を予約。
(でも…この空じゃぁ 景色は見えるかなぁ?)

午前中に 去年もファルトトを遊ばせた干潟と、
カムイワッカ湯の滝へ行ってみることにしました。

----☆----☆----☆----☆----☆----☆-----☆----☆----

お~♪
去年は何回もファルトトを遊ばせた干潟。
陸地が出るだいたいの時間を覚えていたので、今年も来れました。
d0079912_13185218.jpg

(カムイワッカとクルーズはワンコNGだから、
遊ばせておきたかったのです。)

トトしゃん、今年も うみねこたちに挑戦!
d0079912_13291358.jpg

そんなトトを追いかけるファルさんと、
言うこと聞かないトトしゃん^^;
d0079912_1327159.jpg

d0079912_13272380.jpg

今年もここで遊べてよかったね~。

----☆----☆----☆----☆----☆----☆-----☆----☆----

それから、カムイワッカ湯の滝へ向かいます。

去年7月だったのでマイカー規制がない期間だったのですが、
今年は 自然センターからバスで行かなければいけない期間です。

鹿は何頭か見られましたが、キタキツネは一頭だけ。
去年はたくさん見られたんだけどな?
単に道に出てこなくなったなら、喜ばしいことなんですが…。
d0079912_1335854.jpg

砂利道が14キロくらい続くので、
去年はマイカーで、ゴロゴロ走るのが結構大変だった。
バスは楽だ~♪ しかし、視界は霧で真っ白だ@o@

「カムイワッカ湯の滝」
d0079912_13294415.jpg

ますます曇り空>< 
お湯もちょっとぬるいので、足湯も厳しいかなぁ。
d0079912_13314089.jpg

今行ける一の滝から上流を臨む。
二の滝以降は落石で7年も前から行けないそう。
大きい石が落ちているらしく、復旧のめどは無いって。
d0079912_1332696.jpg

湯に浸かる人もいたし、ゆっくりしたかったのですが…
ふと気づくと、頭や体の周りをブンブン飛び回る虫が047.gif
オレ様曰く、「何匹も集まってとまってて、
もうダメだ、置いて帰ろうと思った」らしいです。
いやいや、助けてよ~013.gif

そのときの私、帽子被らず、上着は黒、リュックも黒。
どうやら黒い色に寄ってくるみたい><
蜂は はらったら刺されるから、これはどうしたらいいのと
滝にいらしたガイドさんに聞いたら、アブは はらってもいいそうですね。
ほうほうのていで タオルではらいながら降りてきました。

去年の7月はいなかったのに~~時期が違うと 虫が増えるのねぇ。
こわっ!


----☆----☆----☆----☆----☆----☆-----☆----☆----

帰りのバスで。
40分くらい走るのですが、その間に 霧がどんどん晴れてきた!
青空のスポットが現れて、それが見る見る広がって~。
すごいすごい!これなら午後のクルーズ いいかも!


と、始点の自然センターに戻ると、
出発のときは寒かったので窓を開けてなかった車中が、
日の光を受けて、もわっとしていた008.gif

日差しのある無しで、ぜんぜん違うね。
ごめんね、ファルトト~~開けたら寒いと思ったんだよ。
クルーズのときは ちゃんと日よけして窓も開けとくからね。


----☆----☆----☆----☆----☆----☆-----☆----☆----

ということで、午後は青空が広がり、
景色もバッチリ見えそうで クルーズに期待が膨らみます。

大型船と小型船がありますが、
より岸に近づける、小型船を選びました。
d0079912_13353650.jpg

去年のリベンジできるか~~?
出発!
d0079912_13372222.jpg




左端の「フレペの滝」は
陸からも遊歩道があって、歩いて見に行けます。
(去年は歩いて見ました。より近くから見られて、迫力ありました。)
d0079912_1336277.jpg

山には雲かかってるけど、見られて嬉しいです。
d0079912_13362969.jpg

カムイワッカ湯の滝から 海へと続いている滝。
d0079912_13364662.jpg

往復3時間のコースで、行きは知床岬まで説明付きで2時間。
d0079912_13375078.jpg

ところどころで、工事現場?や ばんやがあります。
d0079912_1338740.jpg

この滝は、陸からは見れず
(知床半島は 一般の人は海に突き出た半分くらいまでしか立ち入りできません。
カムイワッカ湯の滝までです。)
クマが穴を行き来しているそうです。
d0079912_13382789.jpg

このクルーズでは、クマ遭遇率がほとんど全部のようで…。
いたいた!スタッフの方が双眼鏡で見つけました。
わかりますか?
d0079912_13385426.jpg

川でバシャバシャ何かやってました。
魚取ってたのかなぁ?
d0079912_13391516.jpg

船はどんどん進みます。
あそこが先端の岬?いや、あそこ??
というのが 何度もくりかえされて…
d0079912_13393814.jpg
d0079912_13395423.jpg

知床半島は、すごく長いんだなぁ。

そして ついに知床岬の沖に来ました!
船では「知床旅情」の歌が流れ、感無量です。
綺麗に見えて、やったゼ!
d0079912_13401050.jpg

岬はテーブル状の草原でした。
あそこへファルトト連れてって放したい~と妄想がふくらむ(笑)
喜ぶだろうなぁ。もれなくクマさん連れてきそうだけど…。
d0079912_13402478.jpg
d0079912_13414225.jpg

そうだね、この好天には私もビックリだよ。
とても嬉しいし、楽しいんだけど、ワンコたちが気がかりだ~。


----☆----☆----☆----☆----☆----☆-----☆----☆----

いやぁ、昨年は荒天による運休で乗れなかったクルーズを堪能しました!
車は窓全開+ハッチ半開+日よけで 防備してきたけど
ワンコたちが心配だったので、一番に下船して 駐車場まで走る走る。

日よけをめくってみると、車中は温度上がっておらず、大丈夫だった049.gif
この日よけ、買っといてよかった。。
(遮光率100%なので、濃い影ができるんです。)
d0079912_22171953.jpg

とはいえ、外気温が20度だから無事だったということでしょうね。
地元の35度の日なんて 考えただけでムリ。

あ~~~最後のひとっ走りが 今日一番疲れたよ^^;

足はカクカクするけど、せっかくのお天気なので、
留守番していたファルトトを連れ、オロンコ岩へ登ることにしました。
d0079912_13415816.jpg

階段がたくさんあって、なかなか急坂でしんどいです。
が、景色はいい!
d0079912_13421165.jpg
d0079912_13423068.jpg
d0079912_13424321.jpg

ファルさん、満足ですか?
d0079912_1532472.jpg


すんません、やはり知床は車中泊の場所がよくわからないし、
また「道の駅うとろシリエトク」で お宿の予約頼むことにします^m^
(下船後の走りと、オロンコ岩の登り降りで、足クタクタ。
ゆっくりさせてね~。)
[PR]
Commented by テン母 at 2013-09-08 23:04 x
知床快晴!よかったね~!クルーズも迫力ありますね~
船から野生のヒグマが見れたなんてすご~い、羨ましいなぁ!
ヒグマが出たとなると立ち入り禁止になっちゃうし、地上では絶対会いたくないけど、見てみたい気持ちはいっぱい。
数は増えているとは聞いていたけど、超ラッキーでしたね!

カムイワッカの滝や知床5湖も、学生の時に一度行ったきりですが力強さがすごく印象に残っています。
あ~懐かしい・・
Commented by fal-toto at 2013-09-10 23:55
そうなんです!去年からうるさく言っていた(笑)知床の宿題が済ませられてよかったです♪
ヒグマいましたいました。船から、双眼鏡でみえるという感じで、
よく大きさがわかりませんでしたが、私達の行ったクルーズでは
90何パーセントの確率で、「ルシャ湾」という場所で見られるそうです。
うん、陸では見たくないです~!冷静でいられる自信ありません!!

知床の自然は、ほんとに、どこも力強さを感じますね!
手付かずの場所が多くて…。
テン母さんが行かれたときと、きっと変わらずにいるんでしょうね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by fal-toto | 2013-08-21 12:11 | 北海道犬連れ旅行2013/8 | Comments(2)